国際的に個人情報保護法の強化を

個人情報保護法はもっと強化されるべきだと思います。
というのも、この法律が制定されてもまだまだ個人情報を狙う事件があるからです。
クライアントの名前・性別・住所といったものから、クレジットカードや銀行口座の番号といった重要な情報が流出されることもあります。
特に、国際的に世界各国で個人情報の法律を定めていく必要があると思います。
なぜならば、海外からの日本企業のパソコンにハッキングされて個人情報が流出されるケースもあります。
そうなうなると第三者が不正にクレジットカードを利用されてしまったり、振り込み詐欺に利用されるケースもあるのです。
これはいくら日本国内で法律を強化しても海外からハッキングされてしまっては日本の警察は動くことができません。
というのも警察というのは基本的にその国の中でしか公権力を行使することができないのです。
だからこそ、国際的に法律を制定・強化して世界各国で連携する必要があるでしょう。