個人情報保護法とは

現在は、退職しているが、昨年まで、個人情報保護に関係する仕事を行ってきた。
その際の苦労話、エピソード等を記述してみたい。
我々の業務は、ある家電製品の故障管理業務であったが、この際、顧客情報を扱う必要があり、個人情報保護法に基づいて行う必要があった。
1.ダイレクトメール
顧客宛てにダイレクトメールを出して、情報連絡するようにしていたが、宛名不明で返送されてくるものが多々あった。
これは、10年あまり前の顧客情報であったため、顧客名が替わっていたり、市町村合併等で住所が替わっていたためと思われる。
2.電話架け
顧客の電話番号が判っているものは、電話連絡するようにしていたが、最近は固定電話の登録が少なく、携帯電話を登録している場合が多い。
販売業者等から入手した携帯電話番号に電話をすると、この番号をどこから入手したのかと問い詰められるケースもあり、対応に苦慮した。
また、ある会社では、たまたま、電話を架けた相手が外国人であったため、携帯番号の入手先をめぐって、裁判になったという話も聞いたことがある。