成功報酬の悪質手口

浮気調査も以前に増して表立つようになり、2002年頃に興信所で「完全成功報酬」というものが開始されました。

この成功報酬とは「証拠が得られなければどのような理由があっても料金がかからない」という主旨の元で調査を行う事です。

もちろんきちんとこの制度で真面目に浮気調査に取り組む興信所もありますが、近年ではこの成功報酬での詐欺やトラブルが増加しているようです。

いくつかの手口に分かれていて、まず一つ目は「いつまでも結果を出さない」です。

この調査をせずに期間だだけを引き伸ばし、最終的に依頼者へ返金をしな手口です。

下手をすると1年以上も結果を出さずにこちらが電話しても現在依頼中…と一点張りで具体的な状況も教えないそうです。

次に二つ目ですが、「浮気はしていなかった」と証拠も取らずに結果を出す手口です。

この場合浮気調査に失敗しても料金を全て取れる事になります。

本来の成功報酬とは「浮気の証拠が取れない時は、全額返金」という契約なのに、これではただ詐欺のような理屈をつけられて終わりです。

そして三つ目ですが、ただ興信所の宣伝だけで成功報酬を語るだけの手口です。

成功報酬で浮気調査をするつもりが全くないのにも関わらず、成功報酬を全面に出して客寄せするのです。

成功報酬を目的に来た依頼者を上手く誘導し、結局失敗しても返金にならず興信所が損をしない方法で契約を結ばされます。

ただしこちらの場合、興信所に行く前に電話やメールで成功報酬が可能かどうかを伺う事で回避出来ると言えるでしょう。

四つ目は料金が徐々に水増しされていく手口です。

浮気の証拠が挙がらず、調査を行う度に料金が膨らんで行くのです。

増えていく料金を見た依頼者がキャンセルしようとするとキャンセル料を要求されます。

わざと浮気調査を引き伸ばし金額を挙げていく可能性が非常に高いと言えます。

浮気調査を成功報酬で依頼する際は、相談時にこのような事に気をつけましょう。